インフルエンザにかかった時の食事!おすすめメニューは?

かからないことに越したことはない、「イルフルエンザ」。


予防しても対策しても、周囲の状況やウイルスの広がりによっては、感染してしまうことがあるのがこの病気の難しいところ。


でも仮にインフルエンザになったとしても、最小限にくいとめたいですね。



そこで大切なのが、「食事」です

食事
病気になると、よく無理してでも食べようとする人がいますが、それはかえって逆効果。

病気の内容と体調に合わた食事が必要なんです。



それで今回は、「インフルエンザにかかった時に食べるべき最適メニュー」をご紹介します!


スポンサーリンク

インフルエンザの時に口にするといい食べ物は何?

疑問
最初にお伝えしますが、一番大切なのは、「水分補給」です


様々な実験の結果、飲み物の中で効果が最も高かったのは、「りんごジュース」のようです。

もちろん100%タイプ。


あとは、すりおろしたもの。


風邪、発熱にも良い「すりおろしたりんご」の効能について、動画があったのでご参照ください。


※音量注意※
動画によると、どうやら二つのポイントがあるようですね。
一つめは、消化が良くて血をサラサラになり、喉の渇きにも効果的であること。


二つめは、すりおろすことで食物繊維が細かくなり腸にやさしいということです。

また液体ではないとしても、液状のものは取りやすいので効果的です



例えば、ヨーグルト、アイスクリーム、また缶詰の果物やそのシロップを薄めたものも良いそうです。

このシロップはなかなか良いもので、ぶどう糖液ですから、栄養価もあります。


簡単にとれる「点滴」といっても過言ではありません。



食べ物に関して大切な要素は、「消化がよく、栄養価が高い」もの。

例えば、「うどん」、「豆腐」。


食べやすさと、栄養のとりやすさ、吸収率。これはインフルエンザの食べ物には大切なワード。

主食としてとりたいものです。



あとは副食ですが、食材の中でインフルエンザの良いとされるものを3つほどご紹介します。


スポンサーリンク

1.生のにんにく

にんにく
抗菌作用が高く、以前流行した大腸菌であるO157に対して効果があった食材として医学的にも実証されています。


ただ「生のにくにく」はけっこう抵抗がありますよね。

なので火を通しても大丈夫です。


ちなみに、にんにくは、加熱しても抗菌作用は大きく変わらないと言われています



2.玉ねぎ

玉ねぎ
昔から風邪には良いと言われる食材です。


生のにんにくと比べて、こちらはメニューには困りませんから、食べやすい味付けでどんどんとりましょう。



3.ブルーベリー

ブルーベリー
最近はスーパー等で、冷凍ものが売られています。


ヨーグルト、ブルーベリーは最強の組み合わせですね。



「水分」、「栄養」、「抗菌」

この3つのキーワードを網羅しているこうした食べ物をしっかり摂っていきましょう。



このようにインフルエンザにおいて必要なのは、食べやすいものから食べていくことです。


でも少しずつ回復してきたら、通常食にシフトしていきます。



では、通常食はいつから食べたらいいのでしょうか。


このタイミングで通常食にシフトしよう!

家庭料理
体が回復していくためには、段階が必要です。


インフルエンザにかかった当初は、水分補給と消化のよさが求められますが、次第に回復してきたら通常食にシフトしていかなければなりません。



では、どのタイミングしでシフトしたら良いのでしょうか?



大きな目安としては、「熱」が下がってきたらが合図になります。


ここで良質のタンパク質をとりましょう。

例えば、卵や魚。



そして熱に失われたビタミンとミネラル。

例えば、ニンジンやほうれん草、かぼちゃなど。



このようにして食欲が出てきたら、主食も多くとるようにしてバランスを保つようにします。



ただし注意点が一つ


熱が下がったからといって、食欲が出てきたらからといって、たくさん食べないこと

くれぐれも腹八分にすることが大切です。



ここまでで「食べたほうがよいもの」を紹介してきましたが、同時に「食べないほうがよいもの」もあります。



では、インフルエンザの時に避けたほうがよいのは何でしょうか?


インフルンザ時は避けたい食べ物とは?

注意
基本的な考え方は、「食べたほうがよいもの」の反対のものです。


「食べたほうがよいもの」の要素が水分と消化でしたから、「水分の少ない」もの、「消化の悪いもの」が避けたほうが良いものになります


特に消化に悪いものは、胃腸に負担をかけますから、インフルエンザはもちろん、風邪や腹痛などのときも考慮したほうが良いです。



では、「消化に悪い食べ物」には何があるでしようか。


まずは豆類


食物繊維とたんぱく質が豊富な豆類ですが、消化しにくいオリゴ糖が含まれています。

このオリゴ糖はガスも生成するので、食欲も落ちる可能性があります。


そして揚げ物


油と脂肪分は胃に負担をかけます。

回復するしてから、たくさん食べましょう。


あとはチョコレート


甘くて食べやすいチョコレート。


いっけん良さそうですが、カフェインと脂肪分が高く、この組み合わせは消化によくありません。

あくまで食べたい場合は、ミルクチョコよりダークチョコのほうが良いです。



このような一見すると良さそうな食べ物も、しっかりと分析していれば、良いものと悪いものに分類することができます。


ネットの中では、様々な情報が飛び交っていますから、そうしたものに振り回されないようにしたいと思います。



ここで一つ、都市伝説のようになっているものを紹介します。


それは、インフルエンザに「炭酸水」が良いという話



では実際、どうなのでしょうか?


「食事」よりも「炭酸水」は本当か?

炭酸
体の活性に良いとされる炭酸水。


では、インフルエンザ時にはどうなのでしょうか?



炭酸水は、通常の水と同様、きちんと体には吸収されます。


ただ問題は、満腹感を増してしまうということ。

胃の中でガスの気泡が拡大します。



ダイエットにはいいかもしれませんが、体力を回復させる食事のためにはマイナス要素といえます。

水分補給は必要。


でも炭酸水の摂取は食欲を妨げてしまいますから、通常の水を飲んだほうが良いというのが現在の見解となっています



また「炭酸水と一緒に薬を飲むと効き目が高い」というのも現在のところ、根拠がないとされています。



「食は人なり」。



特にインフルエンザから回復していくために、「食べ物」は欠かせません。

体調と状態に合わせた「正しい摂り方」が、人をつくる大切な要素。


ぜひ、「食べ方」&「食べ物」でインフルエンザ対策してみましょう!!



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年11月13日
最終更新日: 2015年11月06日

[インフルエンザ]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ