お歳暮スイーツランキング!2014年のおすすめはこれ!

毎年、年の暮れにお世話になった方へ贈るお歳暮。


会社関係の付き合いの上司や取引先へ贈る場合もあれば、遠方で暮らす家族や親戚、習い事の先生、友人に贈る場合もあります。



日ごろの感謝の気持ちがキチンと伝わる品を贈りたいですよね。



最近ではインターネット注文も便利になってきました。


こちらでは2014年私がおすすめする、お歳暮スイーツランキングを作成いたしましたので、ご紹介します!


スポンサーリンク

2014年お歳暮でスイーツを贈るならこれ!

では、2014年お歳暮スイーツランキングTOP6をご紹介します!


  1. ギフト缶チョコ&バラエティ(52枚入)



    ラスクは固いイメージですが、ホンマラスクさんのラスクはお子さんからお年寄りまで食べられる商品です。


    人気のショコラを始めとし、色々な味が味わえます。


    ちょっと小腹が空いた時に食べられるのでおすすめです。

  2. ギフトセット1



    ECOLE CRIOLLO(エコーロクリオロ)さんのフィナンシェとマカロンの詰め合わせです。


    他の商品の金額も幅広い品揃えで、オレンジの可愛い箱にラッピングされてきます。


    フィナンシェの端っこの食感やマカロンの食感が大好きなので選ばせていただきました。

  3. 銀座 レ ロジェ エギュスキロール アイス(アイスクリーム)



    銀座LES ROGIERS EGUZKILOREさんの8種類のアイスの詰め合わせです。


    オシャレなパッケージに1つ1つのアイスが可愛いパフェのような包装で届きます。


    こたつの中で温まりながら、アイスを食べるのもいいものですよ♪

  4. ヒカリバラエティアイスクリームセット(15種類)



    お花のようなイチゴアイスが可愛い、鹿野屋さんのバラエティーアイスクリームセット。


    毎日色んな味を飽きずに食べられますのでおすすめです。

  5. 6種のチョコを透明で美しいケースに詰め合わせた最高級ギフト



    Salon de Royal(サロン・ド・ロワイヤル)さんのクィーンズギフトです。


    全国菓子大博覧会で受賞されたピーカンナッツチョコを始めとした6種類のチョコの詰め合わせです。


    中でも3種類の味のリーフメモリーを頂いたことがありますが、上品なお味で、甘すぎずいくつでもパクパク食べられます。


    冬はやっぱりチョコに限ります(^_^)

  6. TV・雑誌で話題の新感覚アイスクリームECLAIR-ART-エクレアート-



    パティスリーLTさんのエクレアートパルフェです。


    こちらは、私自身も贈り物として頂いたのですが、見た目も宝石箱に入っている宝石のようなエクレアで、中にはそれぞれ味の異なるクリームが入っており、飽きずに色んな味を楽しむことができました。


    2014年は宝石のようなアイスクリームのブームが来ましたが、一年を振り返るのにも話題性のある良い一品です。


以上6品をご紹介いたしましたが、相手のご家庭の状況によって、何を贈ればいいのかというのは変わってきますよね。


では、いったいどんなご家庭にどんなものを贈るのがいいのでしょうか?

お歳暮
まずは第1位エクレアートパルフェですが、流行に敏感なご夫婦に贈るのがいいでしょう。


そして、第2位クイーンズギフトは、小分けのパッケージも可愛らしく、お子さんが大きくなって1人暮らししているご家庭に、その子が帰郷してくる際にも手渡してちょっとした手土産にできるのでおすすめです。


第3位可愛らしいお花のようなイチゴアイスは、小さなお子様がいるご家庭に贈ると喜ばれそうですね。


また、第4位8種類のアイスは、お子さんが思春期であるご家庭に贈ると、オシャレなスイーツで、ご家庭の会話が弾みそうです(^_^)


第5位フィナンシェとマカロンは、習い事の先生など、ご近所のお客様や来客が多いご家庭におすすめの一品です。


最後に第6位のラスクの詰め合わせは、祖父母やお孫さんと同居されているご家庭に3時のおやつとしていいのではないでしょうか。


こちらは一例ですが、贈る相手の生活環境やお贈りした後の事を想像して、選んでみるのも楽しいですね。



それでは、2014年のオススメお歳暮スイーツランキングをご紹介いたしましたが、商品を選んで贈るときに気をつけたい点がいくつかありますので、そちらもあわせてご紹介しますね。


スポンサーリンク

お歳暮でスイーツを贈るときに気を付けるべき5つのこと

フクロウ先生
なにか贈り物をする時に気をつけたいこと、それは、贈り物は相手の立場になって贈る事が大切!ということですよね。


お歳暮にしても同じで、この点に注意して贈る準備をしましょう。



さっそくですが、事前に確認・把握しておくべき5つのポイントをご紹介するので、参考にしてください。


ポイント1:相手方が、甘いものが好きであるか確認すること

せっかくのスイーツを送っても、ダイエット中だったり、甘いものが苦手な相手だと、嫌がらせ?と思ったりして、苦痛に感じることがあるようです。


日ごろの感謝なのに、裏目には出たくありませんよね。


第一に確認しておきましょう。



ポイント2:賞味期限の長さを確認すること

お歳暮で気になるのが賞味期限。


クリスマスや年末で、色々な贈り物を頂くこの時期には、後で食べようと楽しみにとっていたら、気が付いたら賞味期限が過ぎてしまって、食べられなくなってしまった・・・ということがあります。


なるべく賞味期限の長いものを選び、もし、発送期間含め短いな、と感じるものであれば、一筆、挨拶状・お手紙(またはメッセージカード)の中にも、期限について『お早めにお召し上がり下さい』と付け加えることをおすすめします


できれば、出来たての美味しい状態で食べて欲しいですが、それもなかなか難しいと思います。


なので先ほどのおすすめランキングでは、賞味期限の長さを考慮して、アイスや焼き菓子をチョイスさせていただきました。



ポイント3:相手のおおよその在宅時間を把握しておくこと

焼き菓子であるならば、再配達でも常温で可能ですが、アイスや要冷蔵の生菓子だと、配送会社によっては、再配達に対応しておらず、戻ってくる場合がありますので注意が必要です。


ですので、日ごろのおおよその在宅時間を把握していれば、すぐ受け取りしていただける場合が高いので、電話等で日ごろの様子を確認してみても良いでしょう。



ポイント4:年末年始で食べきれる量のものを贈ること

賞味期限の長さのときもお伝えしましたが、やはりお贈りした物は召し上がって欲しいですよね。


年末年始で、親族が集まるご家庭は、みんなで分け合ったりするので、多少多めに贈っても大丈夫ですが、1人暮らしや夫婦のみ、核家族で年末は実家に帰省しないという方には、控えめな量で贈るのが良いでしょう。


スイーツは主食ではないので、お腹が空いた時に日ごろ食べられない高価なもので、少しだけ食べられるものが喜ばれるでしょう。



ポイント5:距離によっては発送ではなく手渡しで贈ること

スイーツに限らず、お歳暮全般で言えることですが、会いに行ける距離であるならば、発送ではなく手渡しで贈られることをおすすめします。


微妙な距離で悩んだ場合は、手渡しが良いでしょう。


発送すると逆に相手に『水くさい』と感じさせることもあるようです。



お歳暮の時期としては年末年始は不在の場合が多いので、12月10日~20日ぐらいまでが目安ですが、帰省が年末年始になる場合は31日までは「お歳暮」として、それ以降は「お年賀」や「寒中御見舞」として、のしを変えてお渡しすれば良いでしょう。



以上の5つのポイントはとても大切なことです。


お歳暮でスイーツを贈られる際は、是非参考にしてみて下さいね(^_^)


お歳暮を贈った方と一層、仲が深まりますことを心よりお祈り申し上げます。



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年11月18日
最終更新日: 2015年11月06日

[お歳暮]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ