クリスマスリースの作り方!簡単にできるって本当?

クリスマスが近づくと、玄関の扉にクリスマスリースを飾る家庭は多いですよね。


リースを飾るだけで、クリスマスムードが高まり、お洒落な家に大変身します。

それを手作りできれば、自分の好きなテイストにアレンジできますし、センスが光ります。


子供と一緒に楽しく作れるものもありますので、今年のクリスマスは、手作りリースを飾ってクリスマスを盛り上げましょう。



ということで今回は、クリスマスリースの作り方についてご紹介します。

難しそうなイメージもありますが、意外と簡単に作ることができますよ(^_^)


スポンサーリンク

クリスマスリースは簡単に作れる?

クリスマスリース
クリスマスリースと言っても、色々な種類があります


天然素材のリースや身近にあるもので作ったリース、キラキラ素材を使ったオーナメントリース、マカロニなどの食べ物を使って作る事もできます。



ベースとなるリース台も、色々なもので作れます。

針金ハンガーやフォトフレームなど、家にあるものでも大丈夫です。

形は、丸だけでなく、四角や三角など個性的なものを考えてみるのも良いでしょう。



少し本格的に作りたいなら、天然の枝を使ったリース台や飾りのついていないグリーンリースは、100円ショップでも買えますので、簡単で、しかも安く作れてしまうのです。


飾りのついていないリース台を買ったら、付属品を選びます。

キラキラモールやオーナメント、木の実なども100円ショップで売っています。


つまり、クリスマスリースの素材は100円ショップで全部そろえることができるのです!!

最近の100円ショップの品揃えには、本当に驚かされます(汗)



また、外に落ちている松ぼっくりなどを拾いに行くのもいいですね(^_^)

そして、それらをボンドか糸、細い針金などで飾り付けていくだけで完成です。



それではさっそく、子供と一緒に簡単に作れる、即席リースの具体的な作り方について見ていきましょう。


スポンサーリンク

簡単クリスマスリースの作り方とポイント!

これからご紹介する手作りリースは、とても簡単なので、作り方についてのポイントは特にありません


それくらい簡単なのです


しいて言えば、子供と一緒に作れるのがポイントです♪

針金なども使わないので、手を切るなどの心配もありません


言葉だけだと分かりにくいと思いますので、まずはこちらの動画をご覧ください。


※音量注意※
動画をご覧になっていただければ、説明しなくても分かるかと思いますが、詳しい作り方について見ていきましょう。
【素材】

新聞紙
アルミホイル
セロハンテープ  

お好きなオーナメント
飾り付け用のキラキラモール

紐もしくは針金状のモール(壁に掛ける為)
リボン(針金でとめるタイプでも、結ぶタイプでもお好きな方で)
【作り方】

1:まず、新聞紙の長い辺の方をくるくると丸めて、3ヶ所ほどセロハンテープでとめます。新聞紙は3枚くらいがちょうど良いです。(あまり多いと曲げる時に、曲げにくくなります。)

2:丸めた新聞紙をつぶしながら輪っかになる様に端と端を繋げて、セロハンテープでとめます。

3:次に、丸めた新聞紙にアルミホイルを巻きつけていきます。綺麗に巻こうとせずに、適当で大丈夫です。新聞紙が隠れるまで巻きつけます。

4:アルミホイルを巻き終えたら、キラキラモールをグルグルと、らせんを描く様に巻いていきます。巻き始めと巻き終わりをセロハンテープでとめます。アルミホイルが完全に隠れなくても大丈夫です。

5:リボンやオーナメントを自由に飾り付けて完成です。


壁などに掛ける時は、上の部分に紐か針金状のモールをつけて、フックなどに掛けます。

こんなに簡単なのに、想像以上に綺麗なので、色々とオリジナルアレンジを加えてみるのも、楽しいと思います。

また土台が新聞紙なので、あまり重さのある飾り物をつけると、破れてしまうので、ご注意下さい


キラキラモールは、一重でも充分きれいですが、ボリュームを出す為に何重かにしてみるのもいいですよ(^_^)

より本格的なリースに見えるよう、リースの上部の中央に、大きなリボンをあしらうのもいいでしょう。



素材を新聞紙で作成するため、雨に濡れると壊れてしまうかもしれませんので、基本的には部屋の中楽しむほうがいいです。

外にも飾りたいな・・・という場合は、土台の新聞紙を、セロハン素材の包装紙などに変えると、多少濡れても大丈夫です。



いかがでしたでしょうか?


簡単に作ることが出来ますので、ぜひ子供と一緒に作ってみてください♪



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年11月19日
最終更新日: 2015年11月06日

[クリスマス]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ