ディズニーのカウントダウンを攻略!意外と知らない5つのこと

あなたは年末の予定はいつ頃立てますか?

もし、家以外のところで年越しをするとしたら、どこで新年を迎えてみたいでしょうか?


好きなアーティストの年越しライブ、富士山でご来光、温泉でゆっくりなどなど、年越しのスタイルも多種多様な昨今、一度は行ってみたい!と長年人気を保っているのが東京ディズニーリゾートでの年越しです。

キラキラ
ミッキーやミニーと一緒に新年を迎え、大みそかの夜から元旦までディズニーランドのアトラクションを楽しむことができるディズニーの年越しイベント。


ニューイヤーズ・イヴ!



「どうしたら行けるの?」

「混雑の状況はどれくらい?」



東京ディズニーリゾート「ニューイヤーズ・イヴ」を完全攻略するべく、今回はいろいろと調べてみました。少しでもお役に立つものがあれば幸いです。


それではさっそく見ていきましょう。


スポンサーリンク

ニューイヤーズ・イヴ参加チケットの入手方法!

真夜中のディズニーを楽しみたい!

そのためにも、まずは専用パスポートを入手しなくてはいけません。


「ニューイヤーズ・イヴ」の専用パスポートは、ハガキもしくは東京ディズニーリゾートの公式ホームページから申し込むことができます。そして申込者のなかで抽選を行い、当選した人がパスポートを購入するという流れとなっています。


ちなみにこの申し込みですが、例年8月中旬の夏真っ盛りに始まり、9月10日前後に締め切り、10月上旬に当選者発表となります。

シー火山
夏に年末のイベントの申し込みをする。


気の早い話のような気もしますが、抽選から漏れた場合の予定を立てるためには、これくらいに抽選を行っていただいたほうが参加する側としても、ありがたいのかもしれませんね。


また、抽選に申し込む場合は購入枚数を最初に書く必要があり、これは当選後に増やすことも減らすこともできません。一人5枚まで申し込むことができますが、当選する確率はそれほど高くありませんので、大人数で行きたい場合はかなりの人海戦術が必要です。



それじゃぁ、抽選に当たらないと参加することできないのか・・・と考えがちですが、諦めるにはまだ早いです。実は意外と知られていない別の参加方法があります。その方法についてご紹介します。


スポンサーリンク

チケットを購入する以外の参加方法とは!

高い倍率のパスポート抽選ですが、抽選に申し込む以外にも「ニューイヤーズ・イヴ」に参加できる方法が5つあります。ここでは、5つの方法をそれぞれ見ていきましょう。

舞浜シー

1:「ファンダブル・ディズニー」に入会すること

東京ディズニーリゾートには公式のファンクラブ「ファンダブル・ディズニー」があります。


このファンクラブのメンバーになるとメンバー限定のパスポート購入抽選に申し込むことができます。一般発売との重複応募も可能なので、チャンスが1回から2回に増やせるのもポイントです。



2:ディズニーリゾートのパッケージプランに申し込む

こちらは東京ディズニーリゾートが公式ホームページで案内されているパッケージプラン。年末年始以外にも1年を通していろいろなパッケージプランが準備されています


ミッキーとのグリーティングやショーを特別席で見ることができるなど、いろいろな特典があるパッケージプラン。ディズニー好きなら定期的にホームページをチェックされることをおすすめ。



3:東京ディズニーホテル・オフィシャルホテルに宿泊すること

ディズニーランドホテル、ホテルミラコスタ、ディズニーアンバサダーホテル、この3つのホテルとディズニー近隣にあるオフィシャルホテルで年越しの宿泊予約をすると東京ディズニーリゾートの「ニューイヤーズ・イヴ」のパスポートを当日購入することができます。


格安ホテルとは異なるオフィシャルホテルであり、年末年始の宿泊費は相当高い!なかなか手がでない超リッチなディズニー年越しですね。


なお、こちらはパスポートの抽選申し込みより1か月以上も早い7月から予約がスタート。夏の始まりとともに申し込みを忘れずに。



4:旅行会社のツアーに申し込むこと

JTBやJALなどパック旅行を商品として販売している旅行代理店で、「ディズニーリゾートカウントダウンツアー」を10月以降販売がスタートします。

交通チケットや宿泊施設を同時に手配する場合、お得になるケースもありますが、それでも通常よりは多めに費用がかかりそうです。



5:オークションでパスポートを落札!

オークション
定価より高い価格での購入もいとわない!という方はオークションという方法はいかがでしょうか。パスポートの抽選結果が出る10月上旬から出品され、10~11月は定価より高い価格で落札されることが多いです。


12月に入りますと徐々に価格も下がり、定価に近づいてきますが気をつけなければならないことがあります。


気をつけるべきこととは、パスポートが手元に届く時期です。「確実にパスポートが手元に届く」必要がありますので、大みそかギリギリの落札ではパスポートの受け渡しができない可能性もあります


出品者の評価や受け渡し場所は必ずチェックして、出品者も落札する側も、お互いによい取引となるように心がけたいですね。



参加するための方法はこれでバッチリですね(^_^)


次は、ディズニーのカウントダウンでは、どのようなことを行うのかを見ていきましょう。


カウントダウン!特別なパレードはあるの?

疑問
ディズニーにと言えば、たくさんのキャラクターが登場するパレードが大人気です。ディズニーランドではエレクトリカルパレードの「ドリームライツ」。ディズニーシーでは「ファンタズミック」。特に夜のパレードは音楽とキレイなイルミネーションが幻想的でもあり、とても華やかです。



さて、年に一度、深夜に営業を行うディズニーリゾート。以前はパレードが行われていた時もありましたが、今は新年を迎えるカウントダウンでは特別なパレードは行われません。



ではいったいカウントダウンでどんなことをするのか。

パレードがなくて盛り上がるの?

と疑問に思われるかもしれません。



ニューイヤーズ・イヴ当日は、参加者の方にペンライトが渡されます。そして、年越しが近づきカウントダウンが始まる瞬間を園内で楽しみながら持ちます。


もうそろそろ年明けというタイミングで、ミッキーたちからのアナウンスが入り、アナウンスに合わせて全員で「蛍の光」を合唱。ミッキーたちの姿は見えないけれど、それが逆にワクワク感を高めてくれる憎い演出!


その後、だんだんと年末モード・新年モードが高まったところでいよいよカウントダウンスタート!年が明けた瞬間に夜空に花火が打ちあがり、ここがカウントダウン一番の盛り上がりです



ここで過去の東京ディズニーランドカウントダウンの映像を一度見てみましょう。


※音量注意※
花火を見るだけではなく、ライトを振ったり、歌を歌ったりとゲスト参加型。他の参加者の方と一緒に盛り上げて、みんなで新年を祝う、これがディズニーの年越しです!



もしかしたら「それだけ?」と思われるかもしれませんが、まだまだ年に一度の年越し営業ならではの楽しみがあります。


ということで、次は当日の混雑具合とともに「ニューイヤーズ・イヴ」ならではの楽しみを見ていきましょう。


当日の混雑や園内の様子は?

ディズニーリゾートの「ニューイヤーズ・イヴ」。

これに参加して、カウントダウンや夜通しディズニーリゾートのアトラクションを楽しむためには、「ニューイヤーズ・イヴ」専用パスポートが必要です。


午後8時から元旦の朝7時までパーク内のアトラクションは動いていますし、レストランはいつもどおりに利用できますよ


重要なので繰り返しとなりますが、「ニューイヤーズ・イヴ」では、普段であれば味合うことができない、真夜中にアトラクションを楽しむことができる年に一度の唯一の機会なのです。

夢の国
少し話がそれてしまいましたが、カウントダウン当日の混雑具合はどうなの?というところですが、「ニューイヤーズ・イヴ」専用パスポートは枚数が決まっていますので、カウントダウンに参加する人数は制限されています


ですが、制限されているとはいえ、やはり相当混雑します。そのレベルは通常の土日と同じ混雑状況と言われているので、アトラクションでも3~4時間待ちとなる場合もありますし、人気のアトラクションはファストパスが入園開始後しばらくすると発行終了となります。


新年を迎えた後、ランドでは「レストラン北斎」で、またシーでは「レストラン櫻」でニューイヤーズ・イヴ限定おせち料理を準備しています。他にもお雑煮を準備するレストランやワゴンもありますので、限定メニューを楽しむために行列になり混雑します。


しかし、年に一度しか食べられませんから、ぜひ味わっておきたいですね。



また、「ニューイヤーズ・イヴ」パスポートは年明けの午前1時以降、ランドとシーを行き来することが可能になります


1枚で2度楽しめるパスポートですが、ランドとシーそれぞれにかなりの人数が入園していますので、人気アトラクションのファストパスのほとんどは12月31日中に完売、発行終了になります。パーク移動後のファストパス発行は難しいと考えておいたほうがいいですね。



さてさて、ここまで、当日の混雑や園内について、参加する方法と見てきましたが、カウントダウンは年に一度。大みそかから元旦にかけての深夜~早朝にアトラクション乗り放題、レストランも利用OK!お腹も心も幸せなディズニーの魔法で満たされる「ニューイヤーズ・イヴ」!友達と一緒に、恋人と一緒に、いつかは行ってみたいですね。



でも、申し込みの際には年越しの瞬間を「ディズニーランド」と「ディズニーシー」のどちらで迎えるかを選んだ上で申し込む必要があります


いったいどんな違いがあるのか・・・最後に「ニューイヤーズ・イヴ」時のランドとシーの違いを見てみましょう。


ランドとシーの違い!知っておきたい3つのこと

フクロウ先生

1:アトラクションの数が違う!

ランドには41個のアトラクションがあり、シーには29個のアトラクションがあります。

数だけをみるとランドの方が圧倒的に多いですね。


たくさんのアトラクションをパワフルに楽しみたいかたはランドを、シーのロマンティックな雰囲気を楽しみたいという方はシーを選んではいかがでしょうか。



2:キャラクターに会える場所は?

ランドとシーどちらでもミッキーやミニーに出会うことができる場所やショーがあります。


ランドではパレードを含めて16か所のキャラクター登場スポットがあります。ミッキーミニーの他にもシンデレラやピノキオ、プーさんなどの人気のキャラクターを含め、約30のキャラクターがパーク内に出没!


一方シーでは大人気のキャラクター、あの「ダッフィー」に会うことができます。ダッフィーにはシーでしか会えません

「ダッフィーに会いたい!」という方はシーでの年越しがおすすめです。



3:ドリンクやフードの違いは?

レストランやワゴンを含めたドリンク・フードですが、ランドにはチュロスを始め、手軽に持って食べながら移動できるフードが充実しています。また、ダイニングショーと呼ばれるキャラクターたちのショーを見ながら食事を楽しめるレストランが4つ!行けば会えるレストランは外せないポイント。


一方、シーの特徴と言うと「お酒が飲める」ということが挙げられますが、お酒以外のシーのフードメニューの魅力と言えば、こちらもやはり「ダッフィー」!ダッフィーのグッズがついたスウィーツやドリンクが充実。


そして新しくお目見えしたダッフィーの友達「ジェラトリーニ」も要チェックですね!



また、シーのレストランでは「プライオリティシート」という予約ができるレストランが8つあります。入園後すぐに予約をすることがおすすめです!ゆっくり食事を楽しみたい方には便利なサービスと言えるでしょう。


疑問
それぞれに特徴がありますね。どちらにするか迷います。


夜8時から朝7時まで、結構長い時間過ごせると思いがちですが、混雑状況やカウントダウンにかかる時間、移動時間も考慮すると意外にあっという間。


午前1時以降はパーク間の行き来が可能になりますが、年明けはファストパスの発行が終了しているケースがほとんどですので、当日最初に入るパーク、「必ず乗りたいアトラクションがあるパーク」を選ぶ方が無難かもしれません


そしてファストパスは入園後早めに発行しておくことがポイントです!


当日のコースをシミュレーションして、ディズニーのカウントダウンを満喫したいですね。


まとめ

いかがだったでしょうか?

ディズニーのカウントダウンを攻略ということで、いろいろ見てきたので、今回の内容を最後に整理しましょう。


ディズニーリゾートの年越しイベント
「ニューイヤーズ・イヴ」
攻略のポイント!

  • 予約は夏からスタートする(参加権入手のため早めに行動!
  • 専用パスポートとともに宿泊と交通チケットの手配も忘れないように
  • ディズニーランドとディズニーシー、どちらも魅力がたっぷり。

    どちらで年越しをしたいかを想像してから申し込みを!
  • パスポート購入は人海戦術が必要。

    チケットが手に入らず、どうしてもいきたい場合はオークションも検討!
一度は参加してみたいディズニーリゾートのカウントダウンイベント。

仲間や家族、恋人を誘って、ワクワクドキドキの年越しを体験してみませんか?



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年11月20日
最終更新日: 2015年11月06日

[カウントダウン]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ