クリスマス・シュトーレンとは!?簡単レシピと食べ方もご紹介!

今回は今巷で話題になっているクリスマスのお菓子、シュトーレンについてご紹介します。

シュトーレンはドイツ出身のお菓子でなのですが、クリスマスマーケットではシュトレン祭りも開催されるほど人気のお菓子なのです。

作り方や食べ方もいろいろとあり、ベースがパンっぽいだけに薄く切って食べるだけと思われがちですが、その他にも色々な食べ方あります。


年を越す前になにか新しいことをしたい!という方には、年内に何かにチャレンジするなら最後の砦となるクリスマス。

そこで、今年のクリスマスは新しいお菓子作りにチャレンジをしてみるのはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

シュトーレンとは?シュトーレンの意味って何?

疑問
シュトーレンって聞いたことがない、という方もまだまだ多いかと思います。


先ほども述べましたが、シュトーレンは元々はドイツのお菓子です。


ドライフルーツやナッツやマジパンなどを混ぜて焼き上げ、アイシングや粉砂糖でコーティングをします。

味はパウンドケーキに似ていて、3~4週間かけて熟成していく過程を楽しみます。


ちなみに本場のドイツ語では音を伸ばさないシュトレンという呼び名が一般的です。

ドイツ語では、Stollenという表記で、置くもの、立つものという言葉から派生して、坑道やトンネルを意味します。

見た目が山のようになっているので想像しやすいかも知れませんね。



世界最古のクリスマスマーケットとされるドレスデン出身と呼ばれているシュトレン。

マーケットではクリストシュトレンとよばれ、シュトレン祭りも行われたりしています。

そのお祭りでは何トンにもなるシュトレンが作られるのです。


クリスマス前後の四週間、ヨーロッパ各地でクリスマスマーケットが行われます。

各種旅行会社でもクリスマスマーケットツアーを行っているところもあるので、本場のシュトレンを食べに行っても良いかもしれません(^_^)

クリスマスマーケット
シュトーレンについて、少しわかったところで、今度は作り方をご紹介したいと思います。

ドイツ本場ドレスデンのシュトーレンのレシピは「ドレスナーシュトレン」と商標登録されており、本場のレシピは門外不出となっています。


他の料理も作りたいし、難しそうだけど、大丈夫かな?

と不安になるかもしれません。


でも大丈夫です!ご安心ください!(^_^)

そういった場合の簡単なシュトーレンの作り方を以下でご紹介します。


スポンサーリンク

シュトーレンの作り方 簡単なレシピはこちら!

zair
【材料】

砂糖 30g
塩  少々
牛乳 70cc
卵  2/3個

バター 25g
ラム酒 10cc(小さじ2)
強力粉 150g
アーモンドパウダー 20g

ドライイースト 5cc(小さじ1)
オレンジピール 20g
ラムレーズン   50g
くるみ     25g
アーモンド   25g


【仕上げ用】

粉砂糖(適量)


【下準備】

レーズンをラム酒に漬け、一晩置きます。

また、ラム酒とレーズンを分け、オレンジピール、くるみ、アーモンドスライスと合わせておきましょう。※これをAとします。

調理
1:ボールにA以外の材料を入れ、手に付かなくなるまでよくこねます。この時、牛乳は人肌より温かくしたものを入れるようにしましょう。


2:手につかなくなったら、打ち粉をしたまな板の上に出し、平らに伸ばすします。伸ばし終わったら、Aを生地の上全体に散らばらせます。


3:生地を巻き、巻いた生地をのばして巻く、伸ばして巻くを繰り返し、具を生地になじませます。


4:具が生地になじんだら、生地をひとまとめに丸め、耐熱容器に入れて、濡れぶきんをかぶせ、約1時間オーブンで1次発酵させます。


5:1次発酵が終了したら、生地を再びまな板の上に出し、打ちつけながらガス抜きをします。


6:ガス抜きをしたら15分程度生地を休ませます


7:まな板を用意し、クッキングシートをしき、生地を楕円の山型にしたら、つなぎ目はしっかり閉じます。


8:その後濡れぶきんをかけ今度は約1時間2次発酵をします。


9:発酵終了したら、濡れぶきんをはずし、今度は170℃で約30分焼きます。


10:焼きあがったら、温かいうちに粉砂糖をふりかけましょう。


完全に冷めたら、その上からもう一度粉砂糖をふりかけて完成です。

シュートレン完成
実際にシュトーレンを作ってみると、パンを作るようなかんじです。

嬉しくて多く作りすぎちゃって、消費できない・・・

ということに注意してください(笑)



ただ、作りすぎてしまったとしても大丈夫です!

そんな時にも色々な食べ方がありますので、簡単にご紹介させて頂きます。

シュトーレンの美味しい食べ方

美味しく食べる
3~4週間寝かせて、真ん中から切り分けて、食べる分だけ、薄く切ってて食べるのが一般的なシュトーレン。

そのままでも十分美味しいのですが、「より美味しく食べる方法はないかな~」という方もいるかと思います。

そんな時はぜひ試して欲しい食べ方があります。


・シュガーシュトーレン

薄く切り分けたシュトーレンを冷凍します。

冷凍庫から出してすぐのシュトーレンに、バターもしくはマーガリンを塗り、砂糖をふってオーブントースターで焼き上げるだけです。(ジャムでもOK)



・サンドイッチ

新鮮なレタス、トマトなどの野菜と、ハム、チーズ等お好みの具をはさむだけと簡単です♪


・パフェ

ガラス容器に、凍らせたシュトーレンを一口サイズに切り分け容器に少量を入れます。

そして、ヨーグルト→フルーツソース(なければジャムでもOK)を二層に詰めていきます。

一番上にバニラアイスを乗せ、バナナなどのフルーツを入れたら、薄く切り焼き上げたシュトーレン、もしくはクッキー等を盛り付けて完成です。



ケーキしか作ったことがない方も、思い切って菓子パンのシュトーレンにチャレンジすると、料理の幅も広がるかもしれませんね。

ぜひ今年のクリスマスはシュトーレン作りにチャレンジしてみてください(^_^)



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年10月16日
最終更新日: 2015年11月06日

[お菓子]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ