節分の意味と由来!こどもに説明もこれでバッチリ!

「おにはーそと、ふくはーうち!」


古くから日本各地で大事にされている行事のひとつが、節分。私も、鬼にむかって豆をまくなんて、他のイベントにはないちょっとスリリングな感じが子供ごころにワクワクしたのを今でも覚えています。


そして、夜に行われる豆まき。全国の多くのお父さんたちが鬼に大変身!



あれ、でもちょっと待って!子供に節分について聞かれたら、どう答えますか?


「なんでお父さん、鬼のお面かぶるの?」「セツブンってなあにー?」と容赦のない子供からの質問に笑顔で答えられるよう、今回は節分についてちょっと詳しく見てみましょう。


スポンサーリンク

節分とは?

節分
節分って、年に4回あるって知っていましたか?


節分の「節」は、季節の「節」。季節の分かれ目、という意味なんです。だから四季がある日本では春夏秋冬の4回分、節分があるのです


「立春」「立夏」「立秋」「立冬」、という言葉、なんとなく聞いたことがありますよね!この新しい季節が始まる日の前日が、「節分」にあたります。


昔はこのうち「立春」から1年が始まると考えられていたので、その前日の節分は今でいうと大晦日にあたるとっても大事な日。


邪気を払って福を呼び込むためにさまざまな行事が行われるようになりました。現在では、このいちばん大事な日だけを「節分」というようになり、鬼に向かって豆をまく習慣が広く定着したのです。


スポンサーリンク

なぜ2月3日に行われるのか?

桜
暦(こよみ)の上で、新しい春がやってくるとされる「立春」。これが現在では2月4日にあたります。


その前日となる2月3日は、春から新年が始まると考えていた昔の人々にとっては大晦日にあたるとっても大事な日でした!


新年を幸せに迎えるために、病気や災害から家族を守ろうと、いろいろな行事が行われるようになったのです。



でも、どうして「鬼」がでてくるようになったのでしょうか・・・?


どうして「鬼は外、福は内」っていうの?

鬼
「一寸法師」や「桃太郎」でおなじみの鬼。日本人なら子供のころから「鬼」と聞かされて、すんなり角の生えた赤い顔を思い浮かべますよね。


でもいったい、鬼ってなに?

子供に聞かれたら一瞬、とまどってしまいます!


昔の人は、病気や災害などのおそろしい出来事はすべて鬼のしわざだと考えていたのです。病気や飢饉、災害などで亡くなる人が多かった時代、人間のちからではどうにもできないおそろしいことは鬼のせいだとおそれていたのですね!


そんな、様々なおそろしいことから家族を守って福を呼び込みたい!という一心から生まれたのが「鬼は外、福は内」の掛け声だったのです!


地域によって違う?

驚き
600年近くも前の文書にも登場するといわれる豆まきの掛け声、「鬼は外、福は内


日本全国、節分の日は同じ掛け声で盛りあがっているとばかり思っていましたが、なんとまったく逆の掛け声をする地域があると知って驚きました!


鬼を神様、または神様の使いと考えている神社や、「鬼」がつく地名や名前の家庭では、「鬼は内」という掛け声が多いそうです。


追い出すばかりではなく、迎え入れる地域もあるなんて、知れば知るほど節分って奥深いですね!


こどもへの説明はこれでバッチリ!?

説明
さて、豆も買ったことだし、鬼のお面もスーパーでもらってきた。子供を呼んで豆まきするかー!とはりきるあなた。


そこへ子供がひとこと。「ママ、なんでおまめまくの?」。


きたきたー!と今年は喜んでくださいね(^_^)
「今日は節分って言って、昔の人は、明日から新しい1年が始まると考えていたの。だからね、また新しい年も幸せで、みんな元気でいましょうね、ってお祈りするのよ。


病気や悪いことを連れてくる鬼に豆をぶつけて、お家から追い出そう!


鬼さんはお外に出て行けー、いい事はお家に入っておいでー、って気持ちで「鬼はー外、福はー内!」って言いながら豆を鬼さんに投げるのよ。」
と説明してあげましょう。幼稚園ぐらいまでのお子さんなら、きっとこれで笑顔になってくれるでしょう。


また、節分にまつわる絵本もたくさんあるので、少し前から読んで聞かせてあげておくとイベントがもっと楽しめるかもしれませんね!



そして節分と言ったら豆まき!なぜ豆まきという行事が始まったのか・・・興味があれば『豆まきの由来!なぜ年の数だけ豆を食べるの?』の記事もご覧ください。



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年11月22日
最終更新日: 2015年11月06日

[節分]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ