豆まきの由来!なぜ年の数だけ豆を食べるの?

「鬼はー外!福はー内!」


節分といえば、豆まきですよね。あなたのご家庭では豆まきをしますか?



節分に豆をまくという習慣。特に不思議に思うこともなく、小さいころから自然に受け入れていたのではないでしょうか。


でも、少し考えてみると、「鬼がくるから?・・・ん?鬼ってなんだ!?」というような疑問が。そもそも、なぜ2月3日に豆をまいて鬼退治しなければいけないのでしょう?



今回は、節分に行われるようになった豆まきの由来について、詳しくご紹介します!


スポンサーリンク

豆まきはなぜするの?豆まきの由来

豆
2月3日の翌日は「立春」といい、こよみの上で春が始まる日とされています。お正月を「新春」と呼ぶように、昔の人は春が始まる日こそが新年が始まる日、と考えていました。つまり、2月3日の節分は今でいう大晦日にあたるわけなんです


そんな季節の変わり目には鬼があらわれやすく、病気や災害をもたらすと考えられていました。昔の人々は、人間のちからではどうしようもない病気や飢え、災害などはすべて鬼のしわざだ!と考え恐れていたのです。


そこで、新しい年を迎える前に、災厄をもたらす鬼を退治して福を呼び込もう!という願いをこめて厄除けの行事が広く定着していきました。そして選ばれたのが大豆だった、というわけです!


スポンサーリンク

なぜ大豆だったのか

大豆
家庭料理でもなじみ深い大豆ですが、なぜ鬼退治の道具に選ばれたのでしょうか?


大豆は五穀のひとつで穀物の霊が宿ると考えられ、お米の次に神事に用いられていました。お米よりも粒が大きく、鬼を追い払うのにピッタリだという点や、穀物の霊が悪霊をやっつけてくれるということから、様々な神事で重宝されていたのです


また、「豆」という言葉が「魔(ま)を滅(めっ)する」に通じるため、まさしく厄払いにはうってつけだったのでしょう。あのコロンとした可愛い大豆にこんな秘密があったなんて・・・。



節分に限らず、邪気を追い払うために、古くから豆まきの行事がおこなわれてきました。京都の鞍馬山(くらまやま)から鬼が出て都を荒らしまわっていたところ、炒(い)った豆をまいて鬼の目をつぶし、災厄を逃れたという故事伝説が「豆まき」の始まりだとされています。


まさか1000年以上も前にそのルーツがあったなんて、ちょっと驚きですね!



ただし、豆まきに使う豆は「炒り豆」でなくてはならないのを知っていましたか?炒り豆でないといけないのは、生の豆をまいて、拾い忘れたものから芽が出ると縁起が悪いとされることからなんです。


確かに、災いのもとである鬼にぶつけたものから芽が出るなんて、あまりいい気持ちはしないですよね!


ちなみにこの炒り豆のことを「福豆」と呼び、スーパーやコンビニの節分コーナーには福豆だけが置いてあるので間違えることもなく安心です。


年の数だけ豆を食べるのはなぜ?

疑問
豆もまいたし、ちょっとつまんで食べようかな?でも確か、年の数しか食べてはいけなかったような・・・?


そうなんです!豆まきでは、お作法がしっかり決まっているのです。


一般的に、新年の厄除けを願って年の数だけ食べ食べれば、病気になることもなく健康でいられる、といわれています。この「年の数」ですが、満年齢で数えたり数え年だったり、はたまた新年の祈願だから1つ多くカウントしたり、など地方によってさまざまのようです。


子供のころはたくさん食べられる大人がうらやましかったものですが、今となっては「こんなに食べなくても・・・」なんて思ってしまいます(苦笑)


まとめ

今回は豆まきの由来、なぜ大豆だったのかということを見てきましたが、知らなかったこともあったのではないでしょうか。


由来を知った上で行う豆まきは、今までと違った趣を感じるかもしれませんね(^_^)


また、節分にまかれる豆には、病気や災厄を退治してくれるすごいパワーがあるとされています。今年は子供のころに戻って、大きな声で「鬼は外、福は内!」してみましょう。



最後に舞妓さんによる豆まきの動画を見つけました。やっぱり優雅ですね!


※音量注意※

豆まきの方法について興味があれば、『節分!豆まきの正しいやり方!』の記事もご覧ください。



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年11月23日
最終更新日: 2015年11月06日

[節分]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ