お歳暮マナー!のしって何?

プレゼントを開けるときの、ドキドキ感っていいですよね。そしてさらにワクワクさせてくれるのが、リボン。

プレゼント
期待と喜びでリボンをほどいていく過程がまたいいんです。さすがはサプライズを重視する海外ならではのポイント。でも、日本も負けてはいません。


日本には、「のし」があります。誤解されている部分がありますが、実は「のし」は名前を書く紙のことではないんです。贈り物を格調高いものにする日本の「のし」ですが、意外と知らないことが多いですよね。


「のしって何?」というところから始まり、その由来、マナー、書き方などなど、考え出すといくつも疑問がわいてきます。それでこの記事では、お歳暮のマナーに欠かせい「のし」についてのQ&Aについて一緒に見ていきましょう。


スポンサーリンク

そもそも「のし」って何?

冒頭にも書きましたが、のしは紙の部分ではありません。飾りの部分が、「のし」なんです。

のし
つまり、「のしを付ける」というのは、紙を貼ることではなく、その飾りを付けるという意味なんです。しかし現在は意味が拡大されており、紙や袋のことも「のし」と表現することが増えています。


「のし」の由来

まずは漢字表記から。「のし」は、「熨斗」と書きます。


そして肝心の由来ですが、実は「アワビ」なんですよ。

アワビ
アワビ?アワビってあの海鮮のアワビのこと?



そうです、そのアワビです。



一見、何の関係もなさそうですが・・・実は本来の「のし」は、「あわびのし」というアワビを乾燥させた保存食でした。アワビは不老長寿の薬と考えられており、長寿の象徴だったのです。事実、伊勢神宮では2000年も前からあわびを供える風習があります。


さらに江戸時代になってもアワビはめでたい象徴の品となり、贈答品に添えるようになりました。このように日本で、あわびはお祝いの気持ちや誠意を伝える最高の贈り物とみなされるようになったのです。


そしてそれが現在は形を変え、あわびの代用として「のし飾り」になったというのが由来です。


スポンサーリンク

「のし」はどう付ければいいの?

まず紙に「水引」と呼ばれる紅白の紐を結んで付けます。

そして水引の上に、「御歳暮」と書きます。

さらに水引の下に、自分の名前を書きます。


ただし、気をつけるべきなのは付ける位置


のしには、「外のし」と「内のし」と二種類あります。まず「外のし」ですが、その名のとおり、包装紙で包んだ後に外側から付ける「のし」のことです。これはお歳暮を「持参」するときに付ける方法です。

お歳暮
一方「内のし」は、商品そのものに直接のしを付け、その上から包装紙で包む方法です。


そしてこれは、お歳暮を「郵送」するときに使います。


内のしの場合は自分で包装することもあると思いますから、代表的な包み方である「デパート包み」の仕方を動画で載せておきますね。


※音量注意※
こういう部分はきちんと出来ていると、品格のある人とみなされますから、ぜひ覚えておきましょう。


「のし」って必ず付けるものなの?

結論から言うと、実はお歳暮でも「のし」を付けてはいけないものがあります。


それは、「なま物」です。

刺し身
由来から理解できたとおり、「のし」はアワビであるなま物の代わり。その、なま物の「のし」と、商品のなま物が重なるのは良くないとされていることから、なま物には「のし」を付けないのがしきたりです


ただ、なま物がどこまで含まれるかというというなかなか微妙ですが、鮮魚、精肉、そして干物や鰹節もなま物とみなされています。


現在ではそこまでナーバスになる必要はありませんが、年配の方に贈る場合は気をつけてほうがいいでしょう。この場合は、のしを付けずに水引だけが印刷された紙を用いるのが一般的です。


お歳暮は毎年贈らないといけないの?

疑問
お歳暮は、一年の感謝を表わすことが目的のものです。


ですから、「贈らないといけないもの」ではなく、「贈りたいから贈るもの」なのです。本来は無理して行なうことではなく、善意から行なうのが意義です。


ただ風習ということもあり、形式的なものとしてとらえられている部分もありますね。マナーを守るというのは、善意なのか責任なのか難しいのも事実。


でも感謝を表わすというのは、それほど大変なことではありません。ありがとうと伝えるのは、それほど難しいことでもありません。


ぜひ贈りたい相手に、気持ちが伝わる仕方で贈るという、お歳暮の精神を組んで行ないましょう。



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年11月24日
最終更新日: 2015年11月06日

[お歳暮]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ