おせちの意味!日本人として知っておきたいこと!

おせち料理はお正月に食べる料理。重箱に詰められた色とりどりのおせち料理は日本のお正月の風物詩です。


超豪華なものから少人数向けのちいさなもの、そしてペット用のおせちなど、デパートやスーパーではさまざまなおせち料理を販売しているようですよ。


おせちのお披露目会の映像はこちら!最近では“ペット用のおせち”というのもあるのですね。


※音量注意※
なぜ、日本ではお正月におせちを食べるのでしょうか?


今回はおせち料理に込められた意味をご紹介します。

スポンサーリンク

そもそも「おせち」とは?

おせち
「おせち」の言葉の由来は中国と言われています。中国では古くから1年の中で五節供(五節句)という5つの節目を設けていました。日本でもおなじみの端午の節句や七夕なども五節供に含まれます。


その五節句の1つ「人日」と言われる節句が今のお正月にあたります。そして五節句の節目に神様へお供えしていた料理を「御節句」と呼んでいました。この「御節句」という言葉が略されたものが「おせち」になったと考えられています。



日本では五節供は貴族階級の習わしとして浸透していましたが、時代が変わるにつれ庶民の生活にも浸透しました。そして最近では家庭で作るおせち料理の他に、デパートやホテル、飲食店で販売されるおせち料理など、その形態は今も変化し続けています。


現在では、新しい年が幸せな1年であるようにという願いを込めて、神様へのお供えを家族でいただという「おせち」の伝統。形は変わってもこの伝統は大切にしていきたいものです。


スポンサーリンク

どうして縁起がいいと言われているの?

枡と梅の花
おせち料理は縁起がいいと言われます。神様のお供えものという由来も縁起の良さをうかがうことができます。


また、おせち料理の一品一品にも豊作や家内安全、子孫繁栄などを願う意味が込められています。


家族にたくさんの幸せがあるようにと願って作られたおせち料理。その料理方法や味とともに、家族を想う作り手の気持ちから日本のお正月の温かさや日本の食文化の深さを感じることができます。


「おせち料理」一つ一つに意味がある

おせち
縁起がいいと言われるおせち料理。具体的にはどのような意味があるのでしょうか。
<黒豆>
家族全員が真っ黒になるまで外でまめに働き、元気に暮らしていけるようにという意味が込められています。

<紅白かまぼこ>
紅白はおめでたい色であり、かまぼこの形は「日の出」を表しています。

<数の子>
にしんの卵がつまった数の子は、子宝に恵まれるようにという子孫繁栄の願いがこめられています。

<伊達巻>
「伊達」とは華やかなことを意味します。また、「巻き」は書物などの巻物を示しており、文化や学問の繁栄の願いがこめられています。

<田作り>
昔、水田の肥料がコイワシだったことから、豊年豊穣、五穀豊穣を願う気持ちが込められました。

<栗きんとん>
栗金団はその色合いから黄金色の財宝に例えられ、商売繁盛や金運を高めると言われています。

<昆布巻>
こんぶは「よろこぶ」の語呂合わせから、おめでたい食材として使われてきました。お正月以外でもお祝いの膳で使われることが多い料理です。

<紅白なます>
紅と白のおめでたい色合いの人参と大根をお祝いの水引きに見立てて形取っています。

<海老>
海老は熱を加えることにより背が丸くなることから、腰が曲がるまで元気で長生きできるようにとの願いが込められています。

<煮しめ>
煮しめに入れる野菜それぞれに意味があります。れんこんは穴が空いていることから遠くの未来を見渡せるように、また、里芋は小芋がつくことから子孫繁栄を、人参やごぼうは地面にしっかりと根をはる野菜であることかた家族の安泰を願うという意味が込められています。
おせち料理。その料理一つ一つに込められた意味を知ることで「今年も家族が幸せでありますように」という気持ちが深まりますね。日常生活では料理に対して「美味しさ」「手軽さ」を求めることもあります。

また、最近はお正月でも飲食店は営業していますので、おせち料理以外にも食べたいもの食べることができます。

しかし1年に一度のお正月。願いを込めておせちを作り、家族でその意味を噛み締める時間こそ、幸せな1年の始まりにふさわしいお正月の食事となるのではないでしょうか。



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年11月25日
最終更新日: 2015年11月06日

[お正月]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ