クリスマスカードを送る時期!知っておきたい3つのこと

あなたは誰かに「クリスマスカード」を送ったことはありますか?


海外に留学経験があったり、また旅行で現地の方と知り合いになったり、外国で生活する人に季節のあいさつを送るのに利用される「クリスマスカード」。


最近はSNSやメールで気軽にやりとりができますが、伝統あるクリスマスカードには文字のやりとりだけではない、送ることで相手が喜んでくれる伝統的な作用があります!



カードはいつ送ればいいのか?

欧米の習慣に外れないようにタイミング良く届くためにはどうしたらいいのか?



ここではクリスマスカードを送るタイミング・時期についてご紹介します。


スポンサーリンク

クリスマスカードは時期に注意?

日本には年賀状の習慣がありますね。


年賀状は新年の元日から松の内の間に届くことが決まりとされています。


大みそかに届くなんて、ありえないこと。新年のあいさつは新年に届くことが重要です。

クリスマス
一方、クリスマスカードは全くの逆で、クリスマスカードがクリスマスに届くというのは、あまりにも遅すぎ!なのです。タイミングとしては12月1日から届き始めてOK!


つまり投函は11月下旬からスタートするということです。



また、クリスマスカードには「メリークリスマス!」というクリスマスを祝う言葉の他に、「ハッピーニューイヤー!」という新年のあいさつも書かれています。


この新年のあいさつがあることでも、投函のタイミングを迷うかもしれませんが、12月上旬に相手に届くように準備を進めましょう!


スポンサーリンク

クリスマスカードを送るベストなタイミングって?

では、なぜクリスマスの前に、それも半月も前に届けるのでしょう。具体的には何日くらいに届くのがベストなタイミングなのかということについて見ていきましょう。

クリスマス
クリスマスカードには2つの側面があります。


1つ目は、クリスマスのお祝いと新年のあいさつを行い、相手の幸せや健康を祈るメッセージを伝えること


2つ目はクリスマスカードを相手の机や家の中に飾ってもらうということです。



映画や海外ドラマで会社のデスクや家のチェスト上に、家族の写真やカードが飾られている場面を見たことはありませんか?


欧米では家族の写真やポストカード、グリーティングカードを飾る習慣があるのです。日本には年賀状などのカードを飾る習慣はあまりありませんので、クリスマスカードを送る習慣がない原因はここにあるのかも知れませんね。


つまり、12月上旬にクリスマスカードを届ける意味は、届いた後、クリスマスと新年を迎えるまで飾ってほしいという気持ちがあるからです。


飾ってもらえるとしたら、どんなカードを送ろうか、カード選びにも力が入ります。海外のクリスマスカードが色とりどりでたくさんの装飾がされていることもうなずけますね。

ポスト
次に具体的な投函のタイミングですが、海外に送る場合、11月下旬から遅くても12月第1週に投函しましょう


国際郵便ですので、相手に届くまで日数がかかります。場所によっては10日以上の場合もあります。国によってかかる日数は異なりますので、郵便局のホームページで確認することをおすすめします。


国内に送る場合には、12月上旬がおすすめ。新年のあいさつが入っていても、年内に届いてOKです。素敵なカードを選んで、お届けするお相手の家のクリスマスの飾りに、自分のカードを加えてもらいましょう!


クリスマスカードを送る際に気をつけるべきこと

カードを送るタイミングは12月上旬!カードは相手に飾ってもらえるように、クリスマスのデザインの物をチョイスする!それ以外に気をつけることは何でしょうか。

クリスマス
カードに書くメッセージにもいくつか気をつけることがあります。それは宗教についてです。


クリスマスカードはそもそもイエス・キリストの誕生を皆で祝おうというあいさつ状が始まりです。そのため、送る相手がキリスト教徒ではない場合、「Merry Christmas!」という宗教的なあいさつは使わない方がいいです。「Merry Christmas!」の代わりに、「Season’s Greetings!(季節のご挨拶!)」を使ったりしましょう。


それから、新年のあいさつや相手のことや家族の幸せを祈るメッセージは、必ず添えるようにしましょうね。


まとめ

クリスマスカードからは日本と欧米のクリスマス文化の違いを知ることができます。


クリスマスの前にカードをお届けし、そのカードを目に留まる場所に飾ってもらい、クリスマスまでの期間を楽しい気持ちで過ごしてもらう。メッセージを届けるだけでなく、カードを飾ることで相手のクリスマスを華やかに演出する!これがクリスマスカードの醍醐味でしょう。


日本ではまだまだこの習慣はありませんが、友達や家族にカードを送ることを続けていけば、家に飾ってもらえるようになったら日本のクリスマスがさらに華やかになりそうですね。


最近ではスマホを使ったユニークなカードもありますよ。どんなカードなのか、言葉で説明するのが少しむずかしいので、こちらの映像をご覧ください。


※音量注意※
今年もクリスマスがやってきます!12月上旬に投函できるように、さっそく準備を始めてみませんか?


クリスマスカードの書き方を詳しく知りたい場合は、『クリスマスカードメッセージの文例!日本語と英語を紹介』の記事もご覧ください。



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年11月26日
最終更新日: 2015年11月06日

[クリスマス]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ