クリスマスカードの手作りは簡単?飛び出すものはどう作るの?

街にはジングルベルの音が響き、イルミネーションも光り輝くクリスマス。カップルにとってはロマンティックな雰囲気を存分に満喫できる最高の時ですよね。


さて、クリスマスプレゼントの準備はお済ですか?今年のクリスマスプレゼントはちょっと工夫して、プレゼントを送る相手を驚かせてみてはいかがでしょうか?



そこでおすすめなのが手作りクリスマスカード。


「不器用な私でも作れるの?」

「手作りって、気持ちが入り過ぎて引かれそう・・・」


大丈夫です!彼氏も喜び笑顔になること間違いなし。ここでは飛び出すしかけも含めた、クリスマスカードの作り方をご紹介しましょう!


スポンサーリンク

クリスマスカードは簡単に作れる?

書店や雑貨屋で売っているクリスマスカード。


カードを開くとサンタさんがソリに乗って雪山をかけている様子や、クリスマスケーキを囲んでパーティをしている光景が描かれているなど、幸せな気持ちになる温かなイラストが描かれていますよね。

クリスマス
最近ではイラストが飛び出るものが主流になってきました。


市販されているような細かい細工がされているものを作るには、相当な技術と時間が必要になりますが、簡単なものであれば家でも作ることができますよ。


飛び出すカード作成に必要なものは、
・定規 ・のり ・はさみ

・カッターナイフ ・色画用紙

・えんぴつと消しゴム

・色鉛筆もしくは色ペン
これら、小学校で使っていたような文房具があればOKです。


しかし、何から始めたらいいのか迷いますよね。そこでおすすめなのが親子向けの工作本です。工作本にはコピーして使える台紙が入っています。


「子ども向けの工作って、何だかダサくなるのでは?」


確かに、中には子どもじみているデザインもありますが、これら工作本で活用するのは、飛び出すしかけの部分。イラストや文字は自分好みのフォントや写真を貼り付けることができます。


また、飛び出す仕かけ以外で簡単に作ることができるのが、写真入りのクリスマスカード!Merry Christmas!! の文字の他に過去に撮った写真を貼り、クリスマスのイラストが書かれたシールやデコシールを使って仕上げましょう。


今は100円ショップでもかわいいシールやテープが売られています。これで世界に一つしかないクリスマスカードの完成ですよ。


スポンサーリンク

飛び出すカードの簡単作成方法

それでは、簡単に作れるカードを見ていきましょう。ご紹介するのは中央にクリスマスツリーが立体的に飛び出すカードです。


準備するのは
・色画用紙 ・のり ・分度器

・コンパス ・定規 ・ペン

・ハサミもしくはカッター

・デコレーションのためのシールや写真

まずはこちらの映像で作り方を観てみましょう。


※音量注意※
初めに画用紙にクリスマスツリーの枝となる部分を扇状に、幹を長方形に書き、それぞれにのりしろ部分を足します。


次に枝と幹部分を切り取り、のりしろを折ります。台紙を2つにして、折った内側に枝と幹をのりづけしたら、クリスマスツリーの完成です。



クリスマスツリーの両側の台紙の部分に、好きな写真を貼ったり、Merry Christmas!!の文字を書いたり、お好みにデコレートして作ってみてくださいね。


作る際のポイントとしては、折り目はしっかりと折ることです。折り目が弱いと台紙からはがれやすくなってしまいます


手作りのクリスマスカードを渡すと引かれる?

クリスマスプレゼント
家でも簡単に作れるクリスマスカードですが、そもそも「手作り」に抵抗感がある人もいるかも・・・。


手作りのマフラーに手作りのセーター、手作りのクッキー。相手の好みに合うものを手作りできたらいいのですが、100%うまくいくかどうか、プレゼントしてみないと分からないのが手作りの難しいところ。


もらった側にも、「本当はあまり好みじゃないのに身につけなければいけない」という変な責任を与えてしまう可能性があります。また、ひと編みごとに気持ちが込められているような気がして「なんか重いなぁ・・・」と思われるかもしれません。


『手作り』のハードルは高いですよね。しかし、これらの不安を払しょくしてくれるのがクリスマスカード。


なぜなら、クリスマスカードは身につける必要なし味見する必要なしクリスマスという時期モノであるということ。この3つが受け取る側のプレッシャーを軽くしてくれるのです。



ここで、もうひとつおすすめなのが、「決してクリスマスカードだけで終わらせない」ということ。


クリスマスにプレゼント交換をすることはよくあること。もらった相手もきっとあなたにプレゼントを準備してくれているはず。クリスマスカードはそのプレゼントに添えるものであることが大事なのです。


小学生がお母さんの誕生日に「肩たたき券」をプレゼントする。子どもならそれでもかわいいですが、大人になったらそれだけでは味気ないですよね。




普段は照れくさくて伝えられない感謝の言葉も、可愛くデコレーションしたクリスマスカードを使えば、素直に伝えることができるのではないでしょうか



市販の工作本についている台紙を使ってもいいですし、ネットにアップされている台紙も印刷して活用できそうです。


素材も色画用紙やのり、はさみなど、手に入りやすいものばかりです。また、写真やお好みのシールなど、あなたオリジナルの素材も使ってみましょう。


まずは、家にあるもので一旦試しに作ってみて、頭の中のイメージを形にし、コツをつかんだら、カード作りの本番です。心をこめて作ってみましょうね。



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年11月26日
最終更新日: 2015年11月06日

[クリスマス]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ