忘年会は屋形船!知っておきたい5つのポイント

「アベノミクスの効果で、景気は上向いている」

至るところで耳にしますが、体感できるものがないと、なかなか実感がわかないですよね。



例えば、会社において景気を感じられるのは、「ボーナス」と「忘年会だと思います。

当然ボーナスが上がれば、景気の良さを実感できますし、忘年会が例年より豪華だと、さらに体感が上がります。


ただ、幹事を任された場合、頭が痛くなってしまいますよね。

豪華に見せつつ、男性にも女性にもウケが良く、あまり予算はかけたくない・・・

そんなうまい話はなかなかないもので、ネットで調べてもどれが良いのかイマイチ分からない・・



そんな幹事さんには、景気回復を体感させられる「屋形船」がおすすめです!


スポンサーリンク

「えっ、屋形船・・・。使ったことないんだけど。船だし色々と面倒そうだけど・・・」


大丈夫です。


初めての屋形船の忘年会でも、簡単に成功させられる5つのポイントをご紹介します!


予算、予約、設備、料理、船酔い、トイレなどなど、気になる点も解説し、安心できる「屋形船の忘年会」を実現できるプランです。


ポイント1.屋形船がおすすめな理由

屋形船
ここまで屋形船での忘年会が魅力的だということをお伝えしてきたのですが、具体的にどうしておすすめなのか気になっていることでしょう。


まずは、屋形船ならではメリットからご紹介します。


貸し切りなので、騒いでも大丈夫!

忘年会で幹事が気になることは、周りの人のこと。

ついつい盛り上がってしまい、大声を出したり、最悪他のお客さんにからんでしまうことも・・・。


しかし屋形船は基本貸し切りですから、騒いでも問題ありません

あと忘年会には付き物のカラオケも、音を気にせず、水上で気持ちよく歌えます。



豪華な料理!

屋形船といえば、豪華かつ美味しい料理!!


船の上で揚げてくれる天ぷら、新鮮なお刺身、季節の料理。

どれもテンションあげあげです(^_^)


さらにほとんどの屋形船は、飲み放題で提供してくれますから、予算オーバーも心配ありません


永代橋

非日常的な空間!

海の上からのパノラマの夜景、潮の香り。なんて素敵なのでしょう。


特に女性には喜ばれますので、幹事の評価も高まること確実です。


もともと屋形船は貴族の遊びだったこともあり、贅沢なセレブの気持ちも味わえます



設備も完備!

今ではエアコンや水洗トイレも完備され、どんどん進化しています。

屋形船が不便というのもは、昔のお話。

近代の屋形船を楽しむというのも驚きがあって盛り上がることでしょう。



無料送迎つき!

たいていの屋形船は、主要駅や最寄駅までの送迎がついています。



これだけのメリットがある屋形船!

ですが船なので、どうしても気になることがあると思います。

次に、屋形船を利用する際に、事前に抑えておきたい注意点についてご紹介します。


スポンサーリンク

ポイント2.押さえておきたい注意点

注意

酔い止めって必要?

船において最も気になるのが船酔いです。


ただ屋形船の場合は、周遊コースが川もしくは内海になるので、波で大揺れということはなく、船酔いの心配はほとんどありません。

でも人によっては船ということだけで酔ってしまう気分になる方もいるので、あらかじめ服用しておくことも大切です。



冬の船って寒くないですか?

冬の船ってとても寒そうですよね。


でも、大丈夫です!

屋形船にはエアコンがあるので、夏は涼しく、冬は暖かく、快適です。



トイレのことが気になるんだけど・・・

忘年会はお酒をどんどん飲むので、トイレのことって気になりますよね。

特に、屋形船というと心配だと思いますが、ご安心ください。


現在の屋形船は、ほとんどが水洗式のものになっています。

さらに船によっては、男女別々に1つずつある場合もあるようです。


予約をする際は、事前に確認しておくと安心できますね。



ポイント3.予算について

悩み
豪華で非日常的な空間ということで、幹事の方からしたら気になるのが予算ですよね。


一般的な屋形船は20名から、多いと100名ぐらい乗ることができ、人数によっても料金は変わってきます。


現在のスタンダードなプランは、1人10,000円という設定が比較的多いようですが、中には飲み放題で5900円なんていうプランもあります

また、定員いっぱいで貸し切ると安くしてくれるところもありますから、そういう屋形船を狙うというのもかなりおすすめです。


ポイント4.屋形船や船宿はどうやって選んだいいの?

初めて利用するなら、プランやコースから絞るのが一番簡単だと思います。


例えば、屋形船の予約サイト「屋形船の窓口」は、細かい条件から検索がかけられるのでおすすめです。


また、「食べログ」などのサイトを見て、実際に利用したユーザーの声を参考にしてみるのも安心かもしれません。



さらに、各船宿の公式サイトでは、それぞれの特徴とサービスが書いてありますので、気になる船宿があれば、事前にサイトをチェックしておくことをおすすめします。


ポイント5.予約はどうすればいいの?

疑問
実際に予約を取るにしても、初めてだとどうしたらいいのか分からないですよね。


「船の貸し切り予約だし、なんだか大変そうだな・・・」と不安になることもあるでしょう。


でも大丈夫です!

レストランなどの予約と同じほど、屋形船の予約は簡単にすることができます。

具体的な流れについてご紹介しますね(^_^)


ステップ1:インターネット・電話・FAXから予約を入れる!

予約の際に下記の内容を伝えましょう。

・希望の日時
・代表者の名前
・代表者の連絡先
・希望のプラン・コース


さらに「ソフトドリンクを多めに」とか、「食事を変更してほしい」などの要望があれば、忘れずに伝えておきましょう


まれにですが、予約時に「乗客リストを提出してほしい」と求められる場合もあります。


その場合は、船宿のサイトなどでリストをダウンロードすることができるので、必要箇所を記入し、当日持参すれば問題ありません。



人数の変更がでた場合は、遅くても前日までに連絡しましょう。


また、15日前からキャンセル料が発生してしまう船宿があります。

もし、キャンセルが必要となった時には、すぐに連絡を入れるようにしましょう。


ステップ2:料金を振り込む

貸し切りの場合は、ほとんどが事前支払いです。

当日残金があれば、利用した日に直接支払うことが多いようです。


ただ、幹事さんは当日なにかと忙しくなるかと思います。

事前に余裕を持って振り込んでおいた方が、当日の負担を減らすことができるはずです(^_^)


ステップ3:当日船宿に行き代表者の名前を伝えて確認

時間に遅れないように船宿に行き、代表者の名前を伝えます。

もし乗客全員の名前と連絡先の確認を求められる場合は、用意しておいた乗客リストを提出します。


ステップ4:あとは乗るだけ!

屋形船での非日常、豪華な料理、船ならでの一体感を楽しんでください。



敷居が高く感じた屋形船も、このようにポイントを確認しておくと意外と簡単なんです。


こんなに簡単で、こんなに豪華で、みんなで笑顔になれる。


ぜひ、今年の忘年会は屋形船で盛り上がってください!



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年10月24日
最終更新日: 2015年11月06日

[忘年会]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ