インフルエンザの症状!2014年を乗り切ろう!

さっそくですが、ここで問題です。


「次の都市に共通するものは何でしょう?」


インドのデリー。

ブラジルのサンパウロ。

ロシアのモスクア。

韓国のソウル。

トルコのイスタンブール。




正解は、、、

「人口が約1000万人の都市」です。



「で、それが何か・・・」



そう言わないでください。



実はこれからの冬、この「1000万人」が日本においても重要なワードになってくるんです。

その他人事ではない重要なこと、それは「インフルエンザ」です。

インフルエンザ
日本で毎年のように流行するインフルエンザ。

なんと、感染者は一年で「1000万人」にのぼるそうです。



しかもインフルエンザが原因で死亡する人も増えているとのことですから、この「1000万人」に入らないことはとても大切なことです。



では、2014年のインフルエンザには、どのような特徴があるのでしょうか。

そしてどう予防&対策すればよいのでしょうか。


スポンサーリンク

2014年のインフルエンザはココに注意!

病原菌くん
まずインフルエンザには、大きく分けて二種類あります。

それは、「A型」と「B型」。

型が違えば当然、特徴も症状も、感染ルートも異なります。



ではまず簡単に、「A型」と「B型」の違いを確認しておきましょう。


A型の特徴

  • 流行しやすい。
  • 極度の関節痛や筋肉痛、40度近い高熱が出る。
  • 寒気や震えが伴う。
  • 豚や鳥などの動物を通して感染することもある。


B型の特徴

  • 数年に一度の周期で流行する。
  • 頭痛や体重の減少がみられる。
  • 発熱や咳を伴う。
  • 動物を通しての感染はなく、人から人への感染で広がる。

簡単にいえば、「A型は症状が重くて広がりやすく、B型は症状が軽く広がりにくい」と比べることができます。


そうすると一見、A型のほうが悪そうな気がしますが、実はB型のほうがたちが悪いのです。



なぜなら、症状が軽いぶん、普通の風邪と間違ってしまうからです。

そしてその認識の甘さから対策をとらず、人にうつしてしまう可能性が高くなるのです。



しかも2014年に流行すると予測されているインフルエンザが、実は「B型」なのです。


それで大切なのは、「風邪と勘違いしない」ことです。

では、B型のインフルエンザと、普通の風邪。

初期症状で違いを見分けることはできるのでしょうか?


スポンサーリンク

初期症状が見極めのポイント!

ナース ポイント
風邪との判別が難しいのが「B型」の特徴。

初期の段階でしっかり見極めておきましょう。


判断のチェックポイントはコチラです。


インフルエンザの初期症状

高熱、悪寒、倦怠感など、痛みの伴う重い症状が見られる。


風邪の初期症状

鼻や喉の乾燥、くしゃみなど、軽い症状が見られる。

「痛み」というのが重要なキーワード。

しっかり確認しましょう!



さらに違うのが、症状が続く期間。

こちらもしっかり違いをチェックしておきましょう。


症状の期間で、しっかり見極める!

寝こむ
風邪の場合、2日〜3日の期間、症状が続くのがほとんどです。


一方インフルエンザの場合、一週間以上続くことがあります。

症状が続く期間が一週間、完治するまでに一週間。


先ほどの初期症状があり、かつ長く続くなら、インフルエンザの可能性が大なので、すぐに病院に行きましょう。



もちろん病院で治療するのも大切ですが、さらに大切なのは「インフルエンザ」にならないこと。


では、具体的な予防と対策を最後に確認しましょう。


2014年のインフルエンザはコレで対策!

ばい菌
予防と対策については様々な情報がありますが、最も効果があるのは「予防接種」と「手洗い」。

この二つはすぐに行なうことができます。


もちろん手洗いはいつでも可能ですが、予防接種も10月以降は受けることができるので、かかりつけの病院で受けることをおすすめ致します。



また手洗いには、「正しい方法」があります。

ただ手を洗うことと、予防のための「手洗い」には大きな違いがあります。


「インフルエンザの予防のための手洗い」の動画を載せておきますので、注意点に留意しながら、
ぜひその通りに手洗いしてください。



※音量注意※

サンパウロやモスクアの人口と同じほどの人がかかる「インフルエンザ」。

恐い病気が流行している中、予防と認識が大切。


巻き込まないように、そして巻き込まれないように、しっかり対策しておきましょう!!



インフルエンザにかかると本当に辛いですよね。

食事を取るのも辛くなります。


少しでも辛さを和らげるため、『インフルエンザにかかった時の食事!おすすめメニューは?』の記事もご覧ください。



スポンサーリンク

内容はいかがだったでしょうか?
もしお役に立てたことがあれば、下のソーシャルボタンでシェアしていただけると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    0
    follow us in feedly

記事公開日: 2014年10月29日
最終更新日: 2015年11月06日

[インフルエンザ]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ